エイジングケアが気になるOL日記

日々エイジングケアを頑張るOLのブログです!

普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこする

普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。

刺激が多いと死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなりますが、実際には角質より下の層は薄くなっています。持ちろん、良い状態ではありません。

わかっていて何もしないでいると表皮のバリア機能を害し、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで負荷がかかり、耐えられなくなってきます。このような状態では脂質の過剰分泌や乾燥などが起こり、回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。基礎化粧品使う順位は個人差があると思います。

私は一般的に、化粧水、美容液、乳液のやり方でつかいますが、最初に美容液を使用するという人物もいます。

事実、どの手順が一番個人のお肌に合っているお手入れ方法なのかは実際に試行してみないと判明しないのではないでしょうか。乾燥によるお肌のトラブルでお悩みの方のスキンケア方法としては、とにかく化粧水でたっぷりと潤いを与えた後、乳液を使ってお肌の表面に水分を逃さないようにバリアーをします。それに、体の内側からも、潤いを与えることが重要なので、一日で2リットル程度の水を飲んでみるようにしてみてちょーだい。そうやってお肌をしっかりと保湿して、お肌のトラブルを解決して美肌作りを初めましょう。このところ、自身の体調管理のために、タバコを断つ人が増えているみたいですよが、禁煙は、お肌のケアという観点からも、とても良い効果があります。

喫煙の際、お肌の調子を整えるために欠かせないアスコルビン酸(いわゆるビタミンC)を、大量消費するのです。即ち、タバコと言う物は、世の女性を悩ますシミといった肌トラブルのモトになってしまうということです。タバコを手放したら変りに美肌が手に入っ立というのも、多くの人が実際に感じている事実です。頬の毛穴の開き具合が年齢とともに悪化しました。正面から顔を見てみると、毛穴の開きが目立つようになってしまったのです。

この毛穴を消したい、小さくなってくれたらと思い、毎日のケアを行っています。洗顔の後で冷えた収斂化粧水で、パッティングを行っていますが、少しずつ引き締まってきたように感じます。困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。お肌のターンオーバーを正常化することでシミを目たたなくしやすいのですが、市販のピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらに効果がアップします。とはいえ、ピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)をし過ぎると肌に負担をかけてしまうでしょう。

洗顔をしっかりとふき取らないと肌が荒れてしまうかも知れないので、じっくりとすすぎをおこないましょう。

その後には、化粧水や乳液などを使って、保湿をしっかりとやることが大切です。保湿をやっていないと、肌が乾燥してしまい、シワが目立ちやすくなります。保湿をしっかりやれば、シワができない様に、予防・改善することができます。主に30歳から50歳手前ぐらいの年代の女性が思いわずらうお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。

左右の目の下の少し頬側にできるシミで、クマのような感じです。肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)が関わっているのではないかという説があって、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。

肝斑の治療にあたり、現在、第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、製薬会社や大手の化粧品メーカーより、内服用の薬が市販されています。一般的なシミ改善方法として多様な方法があるかと思いますが、肝斑に対しては有効ではありません。皮脂分泌が多い肌の場合、水分が満足に行き届いている肌質に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、というケースを多く目にします。肌の表面にカサツキがないのは、脂っぽい肌は皮脂分泌が次々とされていますので、表面上の乾燥には強い傾向にあるためです。

でも、この皮脂がお肌をトラブル状態に導く基になりますから、洗顔をすることで、適度に減らすことが必要です。

敏感肌に対するスキンケアを行なう場合には、肌が乾かないよう、しっかりと水分を保つ事が大切です。保湿の方法にはいろいろあります。保湿専用の化粧水やクリーム等が多数揃っていますし、メイク用品にも高い保湿効果を持つものがあります。

保水能力が高いセラミドが入っているスキンケア商品を使うのもいいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。