エイジングケアが気になるOL日記

日々エイジングケアを頑張るOLのブログです!

お茶には多様な種類(まずはこれを把握すること

お茶には多様な種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)がありますが、その中でも緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの作用を補完する役割をしています。活き活きした白い肌を保つためにビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂っていくことで、肌にメラニンが増え、シミの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)になることを予防してくれるのです。シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。美白だけでなく、シミを消したいならば、シミができたのはなぜか、どのような対策が必要なのかしっかり調べてちょうだい。化粧品が自分のシミに合っていないと、シミが薄くなるどころか、かえって増やしてしまうかも知れません。美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、日頃の生活の中で、シミの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を作っていないかどうか考えることがシミのない白い肌への最初の一歩だと言いきってよいだと言えます。洗顔後、鏡を見たときにバッドな状態に気づいたら、たっぷりの睡眠をとり、食生活を見直してみてちょうだい。おいしいけど肌に悪いものはキッパリやめ、肌に良くておいしいものを選べば良いのです。

続けていくと代謝が改善され肌質に変化が出てきます。繊維質や発酵食品などを充分摂ると代謝が良くなり、しわ・しみ対策にもなります。食事を変える効果は絶大です。特に費用をかけなくてもできるスキンケアのように考えると良いだと言えます。生活に必須の食事でケアできるのですから、慣れれば大きな利益が得られると思います。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、みなさん何と無くわかっているはずです。眠っても疲れがとれないようになってきて、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが客観的にもわかるようになってきます。

それはもう明らかにアラサーとはちがう感じで、例えば若い頃なら肌が荒れても疲れていても寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。でも、アラフォーになると回復スピードが落ちるんです。いえ、回復能力自体が落ちているのだと言えます。肌から疲れが抜けなかったと感じる日も増えています。20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。この皮溝と呼ばれる線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメが細かくよく整った肌は皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、身体の表面を覆う表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れます。

表皮の荒れを放置しておくと、表皮のもつバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮が覆う真皮もその内傷つくことになります。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

仕事柄、同業の人たちとスキンケアの話をしていて気づいたことがあります。例えば肌がふわっと弾力のあるときは、小皺ができるのが遅いということです。

若い頃は差を感じませんが、加齢と一緒にハッキリ出てくるので気をつけなければなりません。法令線みたいなシワが気になり、手創りコスメで人気のあった炭酸水で造るフェイスパックを続けていて、肌のモッチリ感がつづくようになってから、くすみ・シワ・たるみが目たたなくなりました。パックと肌質が合っていたのかも知れませんが、肌の復元力が増すのとアンチエイジングは関連性が高いと思います。年齢を重ねていくといっしょに、お肌に対する不満が増え始めてきたので、化粧水と乳液をアンチエイジングが出来るものにしてみたり、美容液やクリームなどもプラスするようになりました。ただ、美容部員の方からのお話では、大切なのは洗顔、クレンジングだとのことでした。

現在使用しているものを使い終えたら、さっそく捜してみようかなと思っています。肌のお手入れをしないと、どうなるかというと、多くの人は肌が荒れることを想像するでしょうが、実際はまったく別で意外と肌は元気になります。

化粧品の力というのは肌にダメージを与えるので、それを全て取り除いてワセリンを塗るだけにするのが何よりも優しいスキンケアだと言えます。

顔や手などのシミは、一度できてしまうと簡単には消せないと考える方が大半でしょ受けれど、中々シミが薄くならないというのは家庭のスキンケアの話ですから、専門の機器を使えば沿うとばかりも言えません。美容クリニックなどの医療施設でレーザーなどを施術して貰えば簡単に消えるはずです。

とはいっても、皆さんがご存知のように費用もかかりますし、特別なケアが治療後には不可欠ですが、シミのせいで前むきな気持ちになれないのだったら思い切って、治療を受けるのも一つの解決策ではないだと言えますか。日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌のドライ策のために、常に洗顔後はすぐ化粧水をつけてから、出来るだけゆっくり入浴を満喫しています。

けれども、真冬の時節は化粧水を使用しただけでは入浴後の乾燥が気になるため、化粧水+保湿美容液もしっかり塗って湯船に浸かっていますが、これを試すようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。